Archive for the ‘車中泊’ Category

2019 春 ふらっと茨城へ その2

観葉植物レンタル、リースのグリーンポケット横浜戸塚店

https://green-yt.jp/

観葉植物レンタル・リースのグリーンポケット横浜戸塚店 横浜市を中心に神奈川県内に品質の良いグリーンを万全なサービスでお届けいたします。

 

 

2019 春 ふらっと茨城へ その1」からの続き

 

さて、「鹿島神宮」を後に大洗町に向かいます。

 

 

「カシマサッカースタジアム」の前を通り、

 

大洗町に到着して立ち寄ったのは、

 

 

「大洗まいわい市場」

茨城県の特産物が売られています。

結構時間をかけて購入したのは、納豆と干芋です。

納豆も干芋もかなりの種類があって、あーじゃない、こーじゃないと言いながら厳選していたら時刻はPM4:30です。

 

 

すぐそばにある、「ゆっくら健康館」で温泉に浸かります。

PM4:00以降なので、料金が800円→500円になります。

 

温泉に浸かってくつろいでしまったので、この建物の中にある「ゆっくら亭」で食事をする事にする。

 

「海鮮丼」を食べに大洗町にやって来たのだが、メニューを見ると「海鮮丼」1,750円と以外にお高い。

しかし、その下の「ネギトロ丼」はなんと850円。

悩む・・・、

 

 

結局、庶民の私は850円の「ネギトロ丼」にしてしまう。

何しに大洗町まで来たのだろう・・・?

 

妻に至っては、

 

 

「天ぷら蕎麦」頼んでるし・・・、

 

さて、腹もいっぱいになったので「大洗海浜駐車場」に移動して、本日はこちらで車中泊です。

 

夜、お酒を飲みながらタブレットでビデオを見ていると、雨が降り出した。

しかもかなりの豪雨です。

 

そういう時に限って、トイレに行きたくなる。

少し小ぶりになるまで我慢して、頃合いを見て傘をさして行く。

中高年の私達はこれを何度か繰り返し、本日は就寝です。

 

 

翌朝です。

いつの間にか雨が止んでいましたが、何だか怪しい天気。

予報では午後から晴れるらしい。

 

さて、AM8:30に「大洗海浜公園駐車場」を出発です。

 

目指すは龍ケ崎市の「般若院」です。

 

私達夫婦は一本桜が好きで、毎年どこかしらか花見にでかけますが、今年は「般若院」の枝垂桜を見に行きます。

 

 

AM10:40 龍ケ崎市の「般若院」に到着です。

あれ、桜は?

裏に廻ります。

 

 

あった!

 

 

樹形が整った綺麗な桜で、ほぼ満開です。

 

 

地面に着くほど枝垂れています。

 

 

「般若院枝垂桜」

種類:エドヒガン枝垂サクラ

樹齢:約400年

樹高:約10m

幹囲:約5m

枝張:東西 約15m 南北 約22m

 

桜を堪能してAM11:30帰途に就きます。

 

常磐道、首都高速を使い、PM1:30あっという間に我が家に到着です。

途中から快晴になるし、なんとも・・・

どうも昨年から天気に恵まれません。 涙

 

おしまい。

 

 

グリーンレンタル,レンタルグリーン,観葉植物レンタル,植木レンタル,リース,植物リース,貸植木,貸し植木,花,レンタル植物,レンタル,観葉植物,植木,貸し植木,販売,神奈川,横浜,戸塚区 ,瀬谷区,旭区,緑区,泉区,中区,西区,藤沢,茅ヶ崎,鎌倉,平塚,横浜市,藤沢市,茅ヶ崎市,鎌倉市,平塚市,神奈川県

2019 春 ふらっと茨城へ その1

観葉植物レンタル、リースのグリーンポケット横浜戸塚店

https://green-yt.jp/

植物,花のレンタル,リースのグリーンポケット横浜戸塚店ではオフィス,商業施設,病院,ホテル,店舗など様々な場所でご利用頂いております。

 

 

さて、来月からの元号が「令和」に決まりました。

248番目の元号であり、出典は「万葉集」かららしい・・・

 

「そう言えば、うちに万葉集あったよなぁ」

と思い探し出してみると、

 

 

あった、

どれどれ、

 

梅花の歌32首并に序

天平2年正月13日、師の老の宅に萃まるは、宴會を申ぶるなり。

時に初春のき月、氣淑く風み、梅は鏡の前の粉を披き、乱は珮の後の香を薫らす。

 

見つけました! 佐佐木信綱 編 p217

 

「師の宅」とは福岡県にある太宰府らしく、そこに咲く「梅の花」を愛でて詠んだ歌32首の様です。

 

 

さて我が家では、暖かくなって来たのでどこか出かけようという事で、4/29,30茨城県に夫婦で行って来ました。

なんたってどこか行こうと思い立ったのが2日前、私の行きたかった「鹿島神宮」に決まったのが1日前ですから準備不足もいいところです。

 

その「鹿島神宮」の御祭神は「武甕槌大神」(タケミカヅチノオオカミ)です。

この神様、かなり強いんですよ!

 

過去記事の「伊勢神宮」を説明する時に用いた、「古事記」から極端に崩して若干脚色して説明します。

神様の名称はカタカナで簡略表記致します。

 

昔々、高天の原(天)を「アマテラス」が治め、葦原の中つ国(地)を「オホクニヌシ」が治めていました。

しかし「アマテラス」は、葦原の中つ国は「わが御子であるアメノホシホミミが治めるべき」と突如言い出しました。

「アメノホシホミミ」は「天の浮橋」から下の国を見て、「あんな騒がしくて荒れた国に行きたくない」と高天の原に戻り「アマテラス」に言ってしまった。

 

さぁ大変、誰かが「オホクニヌシ」を説得しなければ、

 

まずは「アメノホヒ」を遣わしたが、「オホクニヌシ」にへつらいなびいてしまい、次に「アメノワカヒコ」を遣わせたが、「オホクニヌシ」の娘を妻にしてしまい音沙汰なし。

どうした事かと問うために遣いに出したキジの「ナキメ」は殺される。

 

そして次に遣わした神が「タケミカヅチノオオカミ」なのです。

 

「タケミカヅチ」は出雲の国の「伊耶佐の小浜」に降り立ち、十本の剣の柄を突き刺して尖った剣の先に胡坐で座るという、中国雑技団も真似できないアクロバティックな態勢で「オホクニヌシ」に話しかける。

 

「葦の中つ国は、アマテラスの御子が治めるものだぞ、こりゃーっ!」

 

「オホクニヌシ」は今回はヤバイのが来たぞ、関わりあいたくないなぁ~、どうするか?と考え、

 

こう答える「私の跡を継いだコトシロヌシがお答えします」と、

 

すぐに「コトシロヌシ」が連れてこられ、「タケミカヅチ」が改めて尋ねると、よっぽど怖かったのかあっさりOKを出してしまい、その後「コトシロヌシ」は引きこもりになってしまう。

 

しかし「オホクニヌシ」はもう一人「タケミナカタ」が居ると、「タケミカズチ」に言う。

 

すると千引きの大岩を掌に乗せて「タケミナカタ」がやって来て、「お前か!俺の国にやって来てこそこそ嗅ぎまわっているのは、俺と力くらべでもするか?受けるならばまずは俺がお前の手を握るぞ!」と挑んできた。

「タケミカズチ」が手を「タケミナカタ」に握らせたかと思うと、「タケミカズチ」の手がすぐにツララに変わって、すぐに剣に変わってしまい「タケミナカタ」は怖気づいて手を放してしまう。

次に「タケミナカタ」の手を「タケミカズチ」が握り返した途端に握りつぶしてしまい、体ごと放り投げてしまった。

 

「タケミナカタ」はヤバイ!マジヤバすぎる!と逃げ出しますが、諏訪の湖で「タケミカズチ」に追い詰められます。

仕方なく、「タケミナカタ」は「葦の中つ国は差し出します。私はこの地から出ませんから殺さないで下さい」と「タケミカズチ」に懇願した。

(「タケミナカタ」は諏訪大社の祭神になっています)

 

「タケミカズチ」は出雲の国に戻り「オホクニヌシ」に迫ると、「しょうがない、葦の中つ国は天つ神に奉ることにする。その代わり私の住処だけはこの地に立派なものを建ててくれ」とお願いした。

(「出雲大社」がその住処になる)

 

結構長くなってしまいましたが、要約すると「タケミカズチ」は「オホクニヌシ」とその子供を脅し、タイマンを張って「葦の中つ国」を獲ったって事でしょうか?

まるで一昔前の不良少年の様な神様なのです。

 

その後も色々すったもんだありますが、「タケミカズチ」の説明なのでここまでにします。

 

 

さて当日、AM8:20に我が家を出発です。

 

 

天気がはっきりしません。おまけに寒いし・・・、

 

目指すは「鹿島神宮」

「千鳥町IC」で首都高速を降りる。

この先は別料金になるので、ナビの一般道優先モードにて「鹿島神宮」を目指します。

 

 

PM12:30に「鹿島神宮」に到着しました。

 

 

「桜門」をくぐり

 

 

拝殿でお参りをします。

 

 

さらに進むと、茨城県の天然記念物に指定されている「鹿島神宮の森」の中にある「奥参道」があります。

空気がガラリと変わります。

 

 

国歌「君が代」にもある「さざれ石」です。

 

 

「奥宮」をお参りして、右に進むと

 

 

霊石「要石」です。

どれどれ、

 

 

ちいさっ、

 

違います。地表に出ているのは「要石」のほんの一部になります。

「武甕槌大神」が降臨した時に御座した石とも、地震を起こす大鯰の頭を押さえている石とも言われている。

徳川光圀の「水戸黄門仁徳録」には、家来に掘らせてみたがあまりに巨大で「七日七夜掘っても掘りきれず」との記述がある。

 

さて、来た道を「奥宮」まで戻り反対側の坂を下ると、

 

 

「御手洗池」があります。

 

 

400Kl以上/日の清水が湧出し、古くから禊の場となっている。

 

さて、「鹿島神宮」を後にして大洗町へ向かいます。

 

2019 春 ふらっと茨城へ その2」へ続く

 

 

観葉植物、植木、花などグリーンレンタル、リース・販売の事ならお任せ下さい。横浜、藤沢、鎌倉、平塚を中心に神奈川県内に観葉植物、花、植木等の緑をお届け致します。

2018伊豆 湧水と美味しい魚

観葉植物レンタル、リースのグリーンポケット横浜戸塚店

http://www.green-yt.jp/

植物,花のレンタル,リースのグリーンポケット横浜戸塚店ではオフィス,商業施設,病院,ホテル,店舗など様々な場所でご利用頂いております。

 

 

2018伊豆「踊り子歩道」を歩く その2 からの続き

 

さて、翌朝です。

私達が宿泊した「御浜海水浴場駐車場」は「御浜岬」にあります。

こちらもジオポイント、生物多様性 文化・歴史 動く大地 砂嘴・砂州 「伊豆半島ジオパーク」に含まれています。

 

「御浜海水浴場駐車場」の外海側は、

 

 

こんな感じ、残念ながら富士山は・・・・

 

で、内海側は、

 

 

戸田湾に面しているこちら側が、海水浴場になる。

 

トイレは多分3カ所(私が確認したところ)

 

 

私が駐車したこの辺りに2カ所と、

 

 

その奥の灯台の所に1カ所ありました。

 

車が集まっている所がトイレの傍になるから、分かり易いです。

 

さて時間はAM8:30、出発します。

向かった先は、

 

 

「柿田川公園」です。

AM9:30に到着、こちらもジオサイト 生物多様性 文化・歴史 動く大地 キースポット 湧き水・温泉 です。

 

この柿田川は「日本三大清流」の一つと言われている。

「四万十川」、「長良川」そして静岡県清水町の「柿田川」です。

なんと、全長約1.2kmしかない日本で最も短い一級河川なのです。

そして国指定天然記念物でもあって、富士山の伏流水が120万t/日も湧き出ています。

 

 

駐車料金200円で町営駐車場に車を止めます。

 

駐車場の階段を降りて行くと、

 

 

「湧水広場」があります。

その湧水が湧いているところが、

 

 

「ぽこぽこ湧き間」です。

ここは、湧き水に触れる事が出来るので手を入れてみます。

「冷たっ!」

 

次に「第一展望台」へ向かう。

 

 

あちこちから水が湧いていて、透明度が凄い!

川魚もいっぱいいます。

 

 

まさに、「清流」です。

 

次は「第二展望台」へ、

 

 

凄いなこれ! 写真では分かりにくいのですが、とんでもない水量が湧いてます。

 

次に向かった先は、「木製八つ橋」です。

 

 

何か、湧水が噴き出てるよ・・・。

 

 

「舟付場」の湧水です。

じゃばじゃば湧き出てます。

この写真で見ると、川魚が泳いでいるが分かるのでは?

 

 

ハートがここにも、最近よく見ますよね。

 

この「柿田川公園」のすごいのは、ここが街中にある事です。

国道1号線沿いにあり、周囲は住宅地です。

こんなところに世界ジオサイトで、「日本三大清流」があるのです。

 

公園散策を終え、公園内にあるお店で、数点お土産を購入して後にします。

 

次に向かうは、

せっかくここまで来たからには美味しい魚たべたいよねぇ、

と思い、「沼津港」を目指す。

 

やってきたのは、

 

 

「魚河岸 丸天」

ここ有名ですよね、私も5回以上は来ています。

 

AM11:00過ぎとあって、すんなり入れました。

 

で、頼んだのは、

 

 

じゃん、「金目鯛と鮪のお刺身」1つと定食セット2人分です。

このお刺身で1人前なので、2人で食べるのに充分です。

 

味は勿論、新鮮で美味しいです。

 

因みにお値段は総額2,484円(税込)です。

安いよね!

 

さらに驚くのはこのお店の横にある、

 

 

魚の総菜です。

 

魚のカブトやカマを販売しています。

これがまた激安です。

 

私達はマグロのカマ3個入を700円で購入しましたが、とにかくデカイので当日の夕食はご飯を食べずに、このマグロのカマ1人1つだけで、けっこう満腹です。

 

さて、早いのですが帰宅します。

 

車を片付けた後、スマホのヘルスケアを見ると、

 

 

6.6kmで10,434歩

今日は逆に、こんなに歩いただろうか・・・?

 

 

観葉植物、植木、花などグリーンレンタル、リース・販売の事ならお任せ下さい。横浜、藤沢、鎌倉、平塚を中心に神奈川県内に観葉植物、花、植木等の緑をお届け致します。

2018伊豆「踊り子歩道」を歩く その2

観葉植物レンタル、リースのグリーンポケット横浜戸塚店

http://www.green-yt.jp/

観葉植物レンタル・リースのグリーンポケット横浜戸塚店 横浜市を中心に神奈川県内に品質の良いグリーンを万全なサービスでお届けいたします。

 

 

2018伊豆「踊り子歩道」を歩く その1 からの続き

 

さて、「道の駅 天城越え」から「浄蓮の滝」まで2.6kmを歩きます。

往復だと5.2kmありますが、PM4:00までには戻りたいので、PM2:00に早速出発です。

 

まずは、「道の駅 天城越え」駐車場から、

 

 

この橋を渡ります。

 

すると国道414号に出ます。

注意して横断し、国道を50m程進むと「踊り子歩道」の案内板があり、そこを登ります。

 

 

こんな感じで進むと、

 

 

あと、2kmか・・・、

 

 

森の中を抜けますが、歩道は分かるようになっています。

 

すると、

 

「お手植えの杉」が、

昭和21年の終戦後、天皇陛下が皇太子であられた時に植樹された杉の木が見られます。

来年で年号も変わってしまうけど、この杉の木は更に大きく育ってもらいたいものです。

 

さて、歩を進めると、

 

 

舗装された道に出ます。

この道をひたすら下ると「浄蓮の滝」にたどり着きます。

 

 

この「浄蓮の滝」の景色を見るには、約200段の階段を降りなければ見れません。

 

 

 

「浄蓮の滝」は「世界ジオパーク」の「ジオサイト 伊豆東部火山群の時代 動く大地 滝・湖 柱状節理」になっている。

「ジオパーク」とは、こちらのWikipediaを参照して下さい。

「日本ジオパーク」は国内に44箇所ありますが、ユネスコが認定した日本のジオパークは9箇所です。

その9箇所が「世界ジオパーク」になるのですが、ついに今年の4月に伊豆半島が「世界ジオパーク」に認定されたのです。

そのジオサイトに「浄蓮の滝」が入っています。

 

さぁ、当然約200段降りたから約200段を登ります。

途中、呼吸困難な方もいらっしゃいましたので、体力を考えて降りて行きましょう。

 

さて、「道の駅 天城越え」へ戻ります。

 

「浄蓮の滝」と同じで、

 

 

下ったからには、帰りは上ります。

 

「道の駅 天城越え」に到着したのはPM3:30でした。

以外と早かった。

 

さて、疲れたし、折角伊豆に来ているのだから温泉に入ろう、

源泉かけ流しの温泉がある「道の駅 くるら戸田」を目指します。

 

途中の戸田峠で、

 

 

美しい夕日に出会えました。

 

PM5:00過ぎに「道の駅 くるら戸田」に到着です。

 

 

2015年にオープンした道の駅なので、

 

 

施設は綺麗です。

そんな事よりも、腹が減った・・・、出発前にヤマザキの「ランチパック」を半分食べて、その後は「わさびソフト」をこれまた半分食べただけなので「道の駅 くるら戸田」で早めの夕食です。

 

 

ん?、「トロぼっちフライ丼」?

深海魚「めひかり」のフライ丼らしい・・・、

私達は旅行に行くと、必ず地物を食べます。

 

妻 「私トロぼっちフライ丼」

私 「えっ! じゃぁ・・・わさび丼にする」

 

 

左が「ワサビ丼」で、右が「トロぼっちフライ丼」

妻から「トロぼっちフライ」を2匹分けてもらいましたが、どちらも美味いです。

 

食後は、「壱の湯」で本日の汗を流します。

 

さて、本日も車中泊なのですが、

この「道の駅 くるら戸田」は、車中泊場所として大人気なのですが、駐車場が狭く落ち着かないのでこちらでは泊まりません。

 

10分程走った所にある「御浜海水浴場駐車場」に移動して、こちらで泊まります。

 

先程の写真にあった景色の

 

 

この辺りになります。

 

車内でビールを飲みながらスマホのヘルスケアを見てみると、

 

 

上った階数 53階

距離    11.2km

歩数   18,717歩

 

おかしいなぁ?

ハイキングコースだけでも9.6kmあるのに、こんなもんか・・・?

 

タブレットでビデオを見た後、やっぱり疲れていたのか爆睡です。

 

2018伊豆 湧水と美味しい魚 に続く

 

 

観葉植物、植木、花などグリーンレンタル、リース・販売の事ならお任せ下さい。横浜、藤沢、鎌倉、平塚を中心に神奈川県内に観葉植物、花、植木等の緑をお届け致します。

2018伊豆「踊り子歩道」を歩く その1

観葉植物レンタル、リースのグリーンポケット横浜戸塚店

http://www.green-yt.jp/

植物,花のレンタル,リースのグリーンポケット横浜戸塚店ではオフィス,商業施設,病院,ホテル,店舗など様々な場所でご利用頂いております。

 

 

さて、各地で紅葉の便りが、メディア等を通じて届いてくる季節になりました。

 

この季節にいつも困り果てているのは服選びです。

一体、今日は何を着ていいものか・・・?

暑くなるのか、寒くなるのか・・・?

 

結局、薄手の服を着てその上に何かを羽織り、暑くなったら上着を脱いで、寒くなったら上着を着て過ごす。

しかも通勤のない仕事で、仕事中はユニフォームを着用している為、服の種類が極端に少ない。

バリエーションがほとんどないので、私服は毎回ほぼ同じ物になってしまいます。

 

で、そんな秋を楽しもうと11/10,11の土日で妻と2人で伊豆に出かけてきました。

いつもの服で・・・・、

 

11/10 AM9:30に出発です。

まず向かった先は、

 

 

「道の駅 天城越え」です。

AM11:30過ぎに到着。

 

 

天城路ハイキングマップの看板です。

本日は「踊り子歩道」を歩きます。

「踊り子歩道」は「浄蓮の滝」から「湯ケ野」までの18.5kmのハイキングコースになります。

 

まず本日は「道の駅 天城越え」から途中「太郎杉歩道」へ、「太郎杉」を見学して戻って来る往復コースを歩き(オレンジ色の線)、時間があれば「浄蓮の滝」までの往復コースを歩く(赤色の線)事にしました。

まずは、道の駅にある

 

 

「昭和の森会館」に寄り、コースマップを頂きます。

「太郎杉」まではここから2.2kmになるそうなので、往復4.4kmです。

 

早速スタート、

 

 

「昭和の森会館」の横は紅葉真っ盛りです。

 

 

「踊り子歩道」に入ります。

 

 

こんな道を歩いていると、

 

 

「山神社」がありました。

何もない事をお願いして、歩を進めます。

「太郎杉歩道」に入り、

 

 

「井上靖文学碑」を通り過ぎる。

 

 

渓谷沿いを進みます。

マイナスイオン浴びまくりです。

 

 

気持ちよく歩けます。

暫く行くと、

 

 

「わさび田」があります。

更に進むと、

 

 

ありました!「太郎杉」です。

 

高さ53m、根回り13.6m、目通り9.6m、枝張りは長径で27mの巨木、

天城山中第1位の巨木で、樹齢約450年と推定されている。

伊豆市観光情報サイト参照

 

近くで眺めてみる事に、

 

 

凄い迫力です。

 

暫く眺めた後、今度は来た道を戻ります。

 

 

「道の駅 天城越え」に戻って来ました。

時刻はまだPM2:00前です。

 

 

「わさびソフト」が有名みたいなので、1個購入する。

 

 

妻とシェアして食べましたが、わさびの味が効いていて美味しかったです。

 

さて、まだ時間があるので2.6km先の「浄蓮の滝」まで歩く事にします。

 

2018伊豆「踊り子歩道」を歩く その2 へ続く

 

 

グリーンレンタル,レンタルグリーン,観葉植物レンタル,植木レンタル,リース,植物リース,貸植木,貸し植木,花,レンタル植物,レンタル,観葉植物,植木,貸し植木,販売,神奈川,横浜,戸塚区 ,瀬谷区,旭区,緑区,泉区,中区,西区,藤沢,茅ヶ崎,鎌倉,平塚,横浜市,藤沢市,茅ヶ崎市,鎌倉市,平塚市,神奈川県